ご訪問ありがとうございます。

 

ホームページリニューアルしました(2017.6.24)

下記に飛距離アップ方法などを追加しました。

 

メニューやプロフィールはこのページにあります。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

無料ですが、

一切手抜きなし!

 

本当に情熱込めて書いてます!

 

なぜ、上達しないのか?

 

そして、どうしたら最高のパフォーマンスが発揮できるようになるのか?

 

そんなことに「気づく」コーチングメルマガ…

 

フルポテゴルフメソッド(FPGM)

 

無料メルマガ講座登録フォーム

 

↑↑↑

※個人コーチングに際し、効果的なゴルフ学習のために

上記のメルマガ登録者様に対してのみ

「受講していただける」システムとなっております。

 

 

(メルマガ講座の詳しい内容はこの画面を下にスクロールしてください) 

 

(※過去のYouTube動画を見た方へ…無料テキストの配付は2016年11月をもって終了しました。

現在のメルマガ講座は過去の内容を超えた最新版です)

 

(※実名以外でのふざけた登録等やコメントなどは削除・配信停止させて頂きます)

 

 

 

=== Menu ===

 

 

YouTubeチャンネル (140万回再生突破しました!)

 

 

 

(気づきを「行動に変える人」のための…)

FPGMショット力養成オンライン講座 

(全国および海外在住の方をサポートしている

 有料プログラムです)

 ➡️会員様のご感想はこちらです。

 

 

 

ブログ(不定期更新です)

情熱あるゴルファーに捧げます。

 

 

 

Facebook 個人ページ(気楽なつぶやきです)

 

 

 

お問い合わせ

 

(私の実歴やプロフィールはこのページの一番下に書いてあります)

     ↓↓↓↓↓

 

 

 

注:ゴルフ理論は様々あります。
どれも正しいと思いますし、正誤の判断を聞かれても、
議論をするつもりは全くありません。

今、何か信じているゴルフ理論を
すでにお持ちの方は、
混乱されると思うので、
各種コーチングやプログラムの参加をご遠慮ください。

一緒に情熱を持って、
練習に取り組む方だけをサポートしたいので、
メルマガ登録も実名以外は不可とさせていただきます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

FPGMメルマガ講座って、結局、何ですか?

 

 

 

 

答え:

「いつも楽しく、あなたの潜在能力を解放するメソッドです」

 

 

 

 (➡️垂木プロの体に優しいゴルフクラブ講座のナビゲーターも務めております)

 

 

 

ゴルフの8割は心理学です。

 

そして、残りの2割は、

 

・時代を超えて残る…

「シンプルなスイング論」の

体系的な知識を身につけること

 (ショット力養成オンライン講座でお伝えしていること)

 

・確率を考えたコースマネジメント

(勇気と無謀の違い)

 

・目標達成に必要な練習と

「特に必要でない練習」を見極めることです。

  (目的をもった練習方法と目標達成基準を知る「FPGMジグソーパズル理論」)

 

 

 

アプローチショットも

 

ドライバーショットも

 

バンカーショットも

 

狙ったところにボールを運ぶ確率を高めるためには

 

「シャフト」と「フェース」のコントロールが

 

客観的に理解できていて、具現化できるということです。

 

 

(知る➡️わかる➡️できる

の段階まで具現化するには意識を集中させた練習が必要ですが

そもそも理由がよくわからないものを再現し続けるのは不可能だと考えます。)

 

 

 

例えば、グリーン周りでのアプローチを例に考えてみましょう。

 

 

 

狙ったところに落ちたのに、ピンによらないなら、

 

打つ前のイメージが違っていただけなので、後からでも修正可能です。

 

 

 

わかりきった話に聞こえたら申し訳ないのですが、

 

 

 

アプローチやショットの落とし場所を

 

コントロールするのは

 

あなたの役割です。

 

 

 

 

と、思うかもしれませんが、

 

 

 

 

実は・・・

 

あなたの「クラブ」役割です。

 

 

 

 

だから、本質的には

 

「シャフト」と「フェース」のコントロールができれば、

 

ボールをもっと自由に操れるようになります。

 

 

 

 

 

わかりやすく言えば、

 

・曲がりにくくなるし、

 

・一定の方向に曲げやすくなるし、

(ドローorフェード、高い球、低い球、スピンが効いた球)

 

・物理学的に理解しているので、

 

「余計な悩みが一切なくなります」

 

シャンクやスライスも出にくくなるでしょう・

 

 

 

なぜ、そう言い切れるのかというと

 

私はジュニア出身のゴルファーではないからです。

 

 

本来、多くのトーナメントプロや

 

レッスンプロになるような人は

 

小学生くらいから

たくさんの球を打ってゴルフを無意識に覚えます。

 

 

私は高校時代バドミントン部なので、

本コースでゴルフをプレーしたくでもできませんでした。

 

そこからほぼ最初の数年を独学で

独自の視点でゴルフを研究しました。

 

だから、このメソッドは「どこのゴルフ雑誌にも書いていませんし」

私だからこそ、あなたにお伝えすることができるのです。

 

 

【ゴルフの初心者時代に私がやったこと】 

 

 

18歳の時の私は、

 

「ゴルフは何年やってもうまくならない人がなぜこんなに多いのだろうか?」

 

という疑問を持ちました。

 

 

 

ゴルフの理論書と呼ばれるものを100冊以上読んでから、

 

一体、ゴルフのスイングは「何が本質」なのか?

 

(スイングはプロでも全員違うのだから、

打ち方を追求しても意味がないことにすぐに気がつきました。

 

ただし、スイングには

時代を超えて変わらない原理・原則があるわけです)

 

他の人から見たら変態じゃないかと思うくらい考えました。

 

 

だから、

 

「知らない間」に感覚的にできていたことは一つもありません。

 

 

 

数あるゴルフ理論の中に

 

何が本質としてあるのか?

 

それを理解しようと考えながら、

 

仮説検証を繰り返した結果…

 

 

 

ゴルフの可能性は「あらゆるところにある」

それが、お伝えしたいテーマです。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

きっとあなたのゴルフのヒントになるはずです

 

 

 

↑↑↑

動画【ゴルフ実験レポート】

飛距離200ヤード前後で、

ハーフ30台のスコアは、本当に出せるのか???

 

 

その答えは、上記の動画をご覧ください。

 

(動画発表わずか1週間で

22分もある長い時間の動画にもかかわらず…

約30000回再生され、

お問い合わせのメールを多数頂きました)

 

 

賛否両論あると思います、

全員に理解してもらおうと思ってはいません。

 

 

 私自身、ゴルフを始めた最初の頃は、

 

スコア130を切ることもできませんでした。

(初ラウンド141)

 

けれど・・・「ある数冊の本と出会い」

 

いろいろなことに気づいてしまったのです。

 

そこから1ヶ月半で100を切ることができました。

 

 

そこから、さらに独自のメソッドに磨き上げています。

 

 

だから、

 

本気で「自分を変えたい」

 

と思っている人

 

にだけお伝えしたいのです。

 

 

     例えば…【サンドウエッジマスターへの道】

 

通常アプローチ、

スピンアプローチ、

ロブショットの打ち方

 

 

大げさなことを言うつもりは全くないです…

 

きっと賢明なあなたのことですから、

 

もうすでに「他の人よりも」真剣にゴルフに

これまでに取り組んで

いらっしゃることだと思います。

 

ただ、もしかすると、このメソッドは

今までのあなたのゴルフの

「イメージを変える」かもしれません…

 

 

私自身が成功した、

 

実際の飛距離アップメソッド(2017〜)

 

いくつかご紹介します。

 

 

 

軽いスイングで飛ばす

 

イメージトレーニング 「FPGMイヤホンブンブン打法」

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしてあなたはボールを飛ばすために

 

いつも100%Maxで無茶振りしていませんか??

 

 

 

野球のピッチャーなら疲れたら途中で交代できますが、

 

ゴルフでは「一人で最後まで完投しなければなりません」 

 

 

力感65%でスイングすることで

 

「18ホール全て同じ、リズム、テンポでスイングできるようになります」

 

では、その力感65%で振るためには何が必要かというと…

 

正しい知識と「スイングに対する」恐れをなくす(つまり心理学です)ことが重要です。

 

多くの人が「軽く振れない」のはいくつかの理由があります。

 

 

 

ー ドライバー、スプーン、クリーク編 ー

 

 

 

 

 

 

結果、2017年5月から劇的にアイアンの飛距離が伸びました。

 

 

 

 

繰り返しになりますが、

 

上達するゴルファーになるための重要な要素の

 

8割は「心理学」です。

ゴルフはメンタルスポーツだと言われますが、

心理学の側面からゴルフを「先に」始めた人はほとんどいません。

 

・自己肯定感(スコアにとらわれず、自分と相手にOKを出す心)

・自己効力感(やればできるという肯定的な心の状態)

・失敗に対する肯定的意味付け

 

そして、これらを磨くことは

ゴルフ以外の場面でもきっとお役に立つでしょう。

 

 

今回、ここまで本ページを読んでくださった方に対して、

その内容を特別にメルマガ講座形式でお伝えしています。

 

 

FPGM無料ゴルフメルマガ講座 (2017)

 

【ご登録方法】下記のフォームを記入してください。

(登録無料ですが、真剣な方のみご登録ください

 

【解除したくなったら】毎回のメルマガの一番下に解除URLがついていますので、

そこをクリックしてください。




















↑↑

全ての項目を記入されたら、確定ボタンを押してください。

ご挨拶〜プロフィール〜

      ↓プロフィール↓

 

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問、誠にありがとうございます。 

 

はじめまして、名古屋・常滑ゴルフスイング&

アプローチ専門塾のコーチ國枝と申します。

 

 

私がどのようにゴルフと向き合ってきたかというと…

 

 

2002年 

コーチのいないゴルフ部に入部しました。

(当時4部リーグの弱小チーム)

 

 

名古屋大学教育学部の

社会心理行動コースにて

「個人競技選手のパフォーマンス発揮と阻害要因」について

研究し始めました。

 

ゴルフに必要な筋力がないだけでなく、

ボールを飛ばす方法も

最初は全く分かりませんでした。

 

スイング理論とゴルフ心理学マスターを目指して、

1年でパープレーで回ることを決意しました。

(今から考えるとかなり無謀な計画→ベスト80を半年で達成する)

 

初ラウンド141のスコアから、

自己流で当時のベスト71になりました。

(結果的に独学で3年かかりました。

細かく覚えていないですが、大体350〜400ラウンドくらいしました)

 

2005年 

ゴルフのブログを書き始める。

その後、ゴルフブログ上達法部門で

皆様に応援していただき、

3つのブログで1位を獲得できました。

(2017年時点で1000記事以上)

 

2006年

大学院で心理学研究をするか考えた末、

プロゴルファー目指して、

ゴルフ場の研修生・コースレッスンのアシスタント等を経験しました。

 

 

2010年

PGAの実技試験合格を機に

名古屋市内にて92ゴルフを開校しました。

(ここから約1年半のゴルフのことを

基礎からもう一度勉強し直しました

 

2012年

PGAライセンス取得

 

2016年11月

放置していたYouTubeチャンネルを再開しました。 

(この時点では総再生回数10000回未満でした)

 

2017年

FPGMショット力養成オンライン講座を開始しました。

 

 

【資格】

公益社団法人

日本プロゴルフ協会

PGAティーチングプロ

 

一般社団法人

日本ゴルフツアー機構

JGTOツアープレーヤー資格 (2017年度)

 

その他

 

個人コーチングや能力開発等の学びに

数100万円を支払い学び続けています。

 

ゴルフの知識と心理学等の知識を融合させて

 

現場でのクライアント様の

問題解決に真剣に取り組んでいます。

 

 

92ゴルフ独自のゴルフ上達方法を2014年頃から

FPGM(フルポテゴルフメソッド)を発表しています。

 

 

余談ですが…

ゴルフは資格が全てではないですが、

 

この業界は無資格でも「スイングを教えている」

アルバイトコーチが多数います。

(それは別にゴルフに限った話ではないので、需給のバランスが

ある以上悪いことではないと考えます)

 

 

どちらかというと本ゴルフ塾あるいは、オンライン講座は

 

「スイング論」だけでなく、

「上達し、一人でモチベーションを維持していくためのメンタル面」や

「プレー中の解釈の質の向上」といった

 

他のゴルフインストラクターと呼ばれる方があまりしない話を

 

重要視しているタイプのプロゴルフコーチです。

 

 

簡単に言えば、

 

ゴルフを通して「チャレンジできる喜び」

 

「ゴルフや仲間に対する感謝」

 

といった「幸せ感情」を味わっていただきたいということです。