※本ページは、有料プログラムの内容です。

一般の方には非公開の内容になります。

有料オンライン講座をお申込みされた方以外の閲覧、および

Webサイト、ブログ、メルマガの文章、音声、動画全ての無断転載を固く禁じます。 

 

 

 

→トップページ・メニューに戻るのは、こちらです。

  

 

 

 

(3)コースレッスン解説

 

 

(9)  ドライバーでのティーショットがラウンド中に右ばかり飛ぶ時は(2:09)

 

 ※インテンショナル「左ひっかけ」

 

 

基本解説編(冬)

 

 

 

追加アップロード

春夏秋バージョン

 

 

 

 

 

 

 

【今回のポイント】 

 

 

左手の持ち方が

ウィークグリップになっていないか?

↓↓

親指と人指し指でできる線が

右肩を指しているか?…これがスクエアグリップです。

 

自然にウィークグリップになりやすいので、

自分のイメージよりも特に左手のグリップを深く(フック傾向)持ってみてください。

 

 

左手の動きがチョップになっていないか?

インパクト時にフェースが開いてしまいます。

 

(ややハンドレイト気味にすると治ります)

 

左ひじを柔らかく構えて、「裏拳の動きをする」ことが

 

ボールを捕まえるための左腕の使い方になります。

 

 

 

 

 

【メンバーサイトのメニューに戻るのは、こちら】です。