· 

ドラコンプロとゴルフコーチの目的の違い

 

 

あけましておめでとうございます。part2!

 

 

(→本日その1の記事「習慣化のコツ」はこちら)

 

 

 

 

 

プロゴルファーと呼ばれる人はいろいろな人がいます。

 

違いが一般的にはよくわからないと思うので、

 

今回の動画を一つ参考にしてください。

 

 

 

【コーチとして考えるゴルフスイングのヒント】

 

 

 

 

 

 

たぶん、一番わかりやすいプロゴルファーは、

 

試合に出て、テレビに映る人たちのことです。

 

 

 

 

この人たちのことは、

 

本来は「ツアープレーヤー」と言います。

 

 

また、日本の場合はゴルフトーナメントに出るためには、

 

 

なぜか今ではほとんどの部分が

 

日本プロゴルフ協会の管轄ではなくて、

(一部あります)

 

 

 

 

 

日本ゴルフツアー機構という団体が主催している

 

4次(3ラウンド、4ラウンド、4ラウンド、6ラウンド)

 

に渡る試験をクリアしなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

次は、いわゆるレッスンをしている人たちです。

 

ここに該当する方も日本プロゴルフ協会(PGA)の人たちで、

 

プロゴルファーの中でも

 

資格としてはティーチングプロという肩書きになります。

 

 

 

(面白いことに、日本には「レッスンプロ」と呼ばれる人を認定するのは、

PGA以外にもいろいろな団体がありますので、それぞれ違った名称があります。)

 

 

 

 

 

 

僕はティーチングプロという言葉自体が少し苦手でして…

 

 

 

「教える」「教わる」みたいな関係だと

 

ゴルフは窮屈かなと思っているので、

 

コーチと名乗っています。

 

 

(実際に、ゴルフとは別にコーチングの勉強もしてきました)

 

 

まぁ、肩書とかは、なんでもいいんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

あとは、最近ドラコンプロと呼ばれる方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

団体もあるようですし、

 

僕の個人的な考え方として

 

 

 

「飛ばし屋はナイスガイが多い」というイメージと、

 

飛距離アップだけ考えるなら、

 

ドラコンプロの方に習う選択肢もアリだと思います。

 

認定資格とかもあるみたいですね^ ^

 

 

 

 

 

 

 

僕自身のことに話を戻すと、

 

ゴルフを始めた当初から

 

かなり自分のゴルフ理論が

俺流ってやつですよ)

 

 

最初からあったタイプの人間なので

 

 

 

ティーチングプロの資格を取得することは

 

本音の部分では

どちらでも良かったのですが、

 

 

(気持ちの上では、初めてQT2ndでツアープレーヤーの

カードもらえた時の方が嬉しかった…

 

「あ、見たことある人がいる!」

 

みたいなミーハーさ)

 

 

 

やはり、

 

標準を知っておくことが大切だと考えて、

 

日本プロゴルフ協会の会員になりました。

 

 

(実技4ラウンドと、面接、

合格後1年くらいの実技訓練・実習があります。)

 

 

 

 

 

けっこう、取得する時も大変だったイメージがあるのですが…

 

 

 

 

 

 

どうやらその後、

 

全員ゴルフのレッスンをされているわけではないようです…

 

 

 

外的な要因としては、練習場もけっこう閉鎖になりますし、

 

なかなか、すでに他のレッスンプロがいる練習場に入ることは難しいので、

 

 

 

・コネを利用するか?

 

・自分で練習場を立ち上げるか?

 

・僕みたいにオンラインとオフライン並行しながらフリーで動くか?

 

 

 

 

これから「レッスンプロになりたい」と

 

いう人がもしいるならば…

 

こんな感じの選択肢になると思います。

 

 

 

 

 

 

あと、個人的には資格の有無よりも

 

「総合的なバランスで人間が評価される」時代だと考えています。

 

 

 

 

 

(別に人から好かれようとか、

 

その評価自体を気にしているわけではなくて、

 

実際にそうだなと思うわけです。)

 

 

 

 

 

簡単に言うと、人脈やコネがなくても

 

「本音の票しか集まらない」面白い時代ですね。

 

 

 

 

 

 

まとめると

 

ゴルフのプロフェッショナルは、

 

 

「ツアープレーヤー」は、次元の違うプレーで観客を沸かし、

 

 

「コーチ」はクライアント様の目標達成と

楽しいゴルフを総合的にサポートし、

 

 

「ドラコンプロ」は、自分自身が圧倒的な飛距離もち、

かつ飛距離に特化したレッスンをする

 

 

 

 

 

そういう観点・立ち位置に違いがあると思います。

 

 

 

書いていて…うーん、自分を磨きます!

 

 

 

 

 

國枝